社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

心療内科にかかるまで。(第2日目)

今日も目の前の電話がなかなか鳴り止まない。

次から次に鳴るこの電話はどうにかならないものか。

 

 

複数人で使用するはずの電話がどうして自分の目の前にある事が多いのだろう。

まぁ電話番もペーペーの仕事だよな。

自分とは違って役割や責任が重い人たちに余計な手間もかけさせたくないし、できる事は全部やってしまわないと。

 

 

誰に言われたわけではないが、諸先輩方を見ていると、

ワンコールが鳴り止まないうちに受話器を取るのがポイントなんだろう。

とりあえず受話器を取るが、たまに自分の所属がどこで名前がわからなくなる瞬間があるから困ったものだ。

 

 

電話が鳴り止むその隙を見て、手元の事務作業を進めて行かねばならない。

電話対応だけでも分からない部分はその都度調べないとならないし、

どう考えても時間が足りない。

というよりも、自分の手際が悪いというだけなのだが。

 

 

まぁそうこうしてるうちに、午前中が終わる。

仕事は色々と中途半端だが、腹が減っては戦は出来ない。

しかし、お腹は空いているのに食べたいという気持ちにはならない。

 

 

どうにか昼ごはんを口の中に詰め込んで、

慌ただしい時間ではあるが、やはり唯一の癒しの時間である。

一人の時間が一番落ち着く。

 

 

誰かから監視されているわけではないという事は分かっていても、

どうしようもなく周りからの視線が気になるので、

一人でぼーっと出来るこの僅かな昼休みの瞬間は1日の中で一番癒される。

 

 

至福のひと時を終えて、午後からの業務に戻る。

どうしようもなく現実に引き戻されてしまうのは仕方ない。

 

 

午前同様慌ただしく動き回っていたら1日が終わる。

しかし、手持ちの仕事が終わりきるはずもなく。

残業はなくす方針なので帰らなければならない。

業務効率を考えなくてはならないということなのだが、実力が伴わないので空回りする日々。

 

 

何はともあれ1日が終わり、会社を出る事が出来た。

ホッとして帰路につく。