社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

隣に座った人の足の動きを観察していてわかった事。

何もする事が無い休日に一人で喫茶店に入っても、なかなか暇を潰す事も難しい。

そうなってくると、とりあえず自分の座席の近くに面白い人はいないものか?

そんな風にあたりを見回してみる。

 

 

そうすると、男女の二人組が向かい合って座っているという構図が多い。

もちろん座席の距離は離れているので、会話の細部が聞こえてくる事は無い。

 

 

しかし、観察しているうちにいくつか分かってきた事があった。

今日はその事について記していきたい。

 

 

Aさん(男性)は相手の女性に好意を示しているのだろうか。

なんだかとても楽しそうに身を乗り出して、話をしている。

さらに、足を広げているではないか。

 

 

たまたま足を広げるのが好きな男性なのかな?と思っていたが、

Bさん(男性)もCさん(男性)も、相手の女性に好意を示していそうに見える時は、

決まって足を広げているではないか。

 

 

必ずとまではいかなくても、相手に好意を示している場合は、

相手を受け入れるという意思の表れから、自分の足を広げているのではないだろうか。

という仮説が立てられる。

 

 

逆に相手の女性からアプローチされているように見受けられるDさん(男性)、

見るからに相手の好意や誘いに対して乗りきではなさそうだ。

そんなDさん(男性)の足の状態はどうかというと、

やはり足を閉じた状態であった。

 

 

これはおそらく相手の好意に応えるつもりはないという意思表示と、

自分の情報も必要最低限しか開示するつもりはないという事だと感じた。

 

 

女性のEさんは相手の男性からの会話を早く切り上げて今すぐにでも帰りたい様子。

しかし、相手の男性は食い気味にEさん(女性)を次のデートに誘おうとしている。

この時Eさん(女性)の足の状態は、

脚を仕切りに組み替えて、つま先の向きは扉の方を向いている。

 

 

その時の女性の表情は足元の動きとは裏腹に、ニコニコと楽しそうに取り繕っていた。

つくづく女性は恐ろしいものだなと感じた瞬間である。

 

 

【まとめ】

普段相手と話す時は、どうしても上半身にばかり目がいきがちになってしまう。

しかし、目に見えない場所であるからこそ、相手の注意も疎かになり本音を漏らしているということもある。

 

話している相手の足元に意識を集中するのは非常に難しい。

しかし、普通に話して余裕が生まれてきたら少し物の見方に変化を与えてみたいものである。