社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

何気ない一言に振り回されないために。

「もうええわ」

吐き捨てるように先輩から言われた一言。

 

これは今日、仕事中に起こった事件だ。

 

いつもと同じようにパソコンで作業をしていると、

「◯◯のファイルってどこにある?明日使うみたいなんやけど。」

どうやら、電話対応をしていた先輩が先方から何か必要な物について聞かれたらしい。

 

自分の作業に集中していたというのもあって、不意を突かれた形になった。

そして、自分はそのファイルについて思い当たる節がない。

でも、もしかすると忘れているだけで自分に関係のあるファイルかもしれない。

 

色んな考えが頭を駆け巡る。

まずは先輩の目的の物を把握する必要があると考え、やっと出た言葉が

「◯◯のファイルとは、△△に関係のあるファイルの事ですか?」と。

 

 

しかし、この言葉は先輩の求めていた言葉とは違った物だった。

「あー、もうええわ。」

手で邪魔な物を払いのける動作も交えての、吐き捨てるような言葉。

 

いくら相手が先輩で、ファイルの所在を知らない自分が悪かったとしても、

電話が既に終わっている状態で、明日必要になるファイルなら、何もそこまで邪険に扱う必要はないのでは?!

と、豆腐メンタルの私のイライラゲージを上昇させるには十分すぎる事件である。

 

 

働いていれば、こんなこといくらでも起こること。

しかし、だからといって慣れるものでもない。

これくらいの事で腹を立てるなんてお前はまだまだ子供だな。

なーんてありがたい御言葉が飛んできそうだが、嫌な事をただただ受け入れるのが大人なら、子供のまま抵抗してやりたいものである。

 

 
どうにかイライラゲージの上昇を緩やかに出来ないのか?

溜まったイライラゲージを早く下げられないのか?

今回はそんな事を考えていきたい。

 

 
どうしてイライラするの?
相手の言動や行動にイライラしないためにも、まずはどうしてイライラするのかについて考える必要がある。

 

もしも、職場や家庭で自分の言った事が否定されたり無視されたりすると、それだけでイラッとするものである。

 

しかし、相手が子供ならどう感じるだろう?

同じように自分の言った事を無視されたり否定されたりしても、

「まだまだ子供だな~。」

「言ってる内容が難しくてきっと分からないんだろうな。」

そんな気持ちで暖かい目で見てあげられる。

 

相手が同じ大人になった途端に、そんな風には思えなくなるのは不思議なもので、

「相手に対等に見てもらいたい。」

「自分に余裕がない。」

このような理由から、相手の一挙手一投足に過剰に反応してしまうことになる。

 

 

どうすれば相手の言動や行動にイライラしなくなる?
 

「相手に対等に見てもらいたい。」という気持ちが、イライラの原因ならば、

相手が得意とするフィールドの内容を浅く広く学ぶ事が重要だ。

 

これはイライラしてからの対処法ではないのだが、相手の得意とするフィールドの内容を浅く広く知っておくことで、普段の生活の中で相手と対等に話せるようになり、信頼関係を築きやすくなる。

 

信頼関係を構築することができれば、相手からイライラゲージを上昇させられるような事をされにくくなる。

相手の得意とするフィールドの内容を浅く広く知ることは、いわゆる予防に繋がるのだ。

 

ポイントは浅く広く知っておくこと。

深い内容については、むしろその相手から教えてもらうというスタンスで良い。

 

 

「自分に余裕がない」という状況から、生じるイライラは少し厄介である。

相手の些細な行動でも、イライラさせられてしまうからだ。

 

ここは前向きに、余裕がないなら作れば良い。

そんな風に考えてみる。

 

ここでポイントになるのは、自分の趣味や興味のある分野に没頭することで、相手が知らないものを知っているという点で、精神的に余裕を持つということである。

 

日常生活の中でイライラさせられる事を言われたりするのは避けられない事が多い。

しかし、そんな時に「あなたは私の知らないことを知っていてるのかもしれないが、私はあなたの知っている事を知っているんだぞ!」そんな風に聞き流せるぐらいが丁度良い。

 

 

最後に
日常生活の中でイライラする事自体を避ける事は難しい。

そこで、

①特定の相手からのイライラを未然に防ぐために、「相手の得意とするフィールドの内容を浅く広く知っておくこと」

 

②イライラする場面に直面しても聞き流せる余裕を持つために、「自分の趣味や興味のある分野に没頭すること」

 

この2つだけは覚えておきたい。