社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

提案と押し付けの境目に気付いてない人について

相手は提案してるつもり 

自分は意見を押し付けられてるだけのつもり

 

そんな会話のやり取りありませんか?

そもそも会話なのかも怪しいですが...

 

相手は自分の知っている世界の中で最善策を提案してくれている。

しかし、その提案が自分にとって最善であるとは限らない。

 

そもそも全く同じ世界観で生きている人の方が少ないのだから、意見の食い違いなんてあって当たり前。

 

そんな意見の食い違いが生じた時に、

お互いの納得できる妥協点を見つけられる発言なら提案で、

一方的に言いたいことを言って反対意見を言われたら逆ギレをするのが押し付けだと思う。

 

言いたいことを言うだけ言って、

こっちが反対意見を言ったら

「考え方も違うしこの話は平行線でしかない!これ以上話しても無駄!」

とか言うそこのあなた!!!!

 

この話を始めたのはそもそもあなたなんです、こっちは言われたい放題言われて、

どうしてそう考えるのか理由を問えばめんどくさくなってその発言。

 

さすがにそれは良くないんじゃないかな?と個人的には思う。

こっちは話を一方的に打ち切られて、言いたい放題言われて、ストレスしか溜まらない。

イライラしかしない。

 

きっとあなたは自分の言いたいことが伝わらず、こいつ馬鹿だな、イライラするなって思ってるに違いない。

 

話した時間そのものが無駄で、

消化不良のイライラがしばらく続くのも良くない。

 

自分が意見を押し付けられてると感じるって事は、

逆に言えば相手に対して自分が一方的に意見を押し付けてる事もきっとあるのだろう。

 

人の振り見て我が振り直せとは上手く言った人もいるもんだ。

 

誰かに提案する時は、せめて相手を不快にしない提案をするように心がけたいと思う。