社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

相談されてたはずなのに、反応が興味なさ過ぎる件について

相談がある、意見を聞かせてって言うから、真剣に話を聞いてたのに、

どうして興味なさそうな反応なの!?

 

 

人付き合いは苦手、そもそも人と話すのもめんどくさい。

そっとしといてオーラ全開で過ごす日々。

 

でも、世の中物好きな人もいるもんで、

たまーーーに相談という名の何かに遭遇する。

 

もっと他に聞きやすい人がいたのでは?と

言いたくなるものの、

相談されたからには何か有益な情報を提供したくなる。

 

とは言え、タイトルにもあるが、

相談しに来る人なんて、自分の意見を肯定してくれる人を探してるわけで、

自分の意見とは違う意見が飛び出そうものなら途端に興味がなくなる。

 

そもそも相談してくる人はどんな気持ちなの?って事が分かってないと、お互い時間を無駄にしてしまう。

 

そんなの誰の得にもならないじゃん?

こっちもイライラしてくるじゃん?

 

でも、何も言わなかったら、そもそも相手もイライラするじゃん?

 

それなら結局どうしたら良いの?って

視点で考えてみる。

 

 

 

結局相談されている時はどうすれば良いのか、
試してみたい5つの事。
 

①相手の話を最後まで聞く。

どれだけ間違った事を言っていても、とにかく最後まで聞く。

自分にとっては苦痛な時間かもしれない、

ちょっと待って!それ違う!と言いたくなるかもしれない、

でも、とにかく相手が息切れするまでは我慢すること。

 

②相づちを打つ時は相手の話を遮らないように。

相づちは自分の為にするのではなく、相手が話しやすい状況を作るためにしている!という意識を持つこと。

 

確かにそうだよね。

 

そんな風に言ってもらえるだけでも話しやすい。

 

③リアクションは無理にしない

大げさなリアクションで感情表現をすることが必要な時もあるかもしれない。

でも、そんな反応がどこか嘘くさかったり、

相手を威圧的することに繋がるかもしれない。

変に意識してリアクションしないこと。

 

④何かコメントする時は、相手の欲しい答えと自分の意見を合わせてあげるとベスト

 

相談しにも来てるのだから、自分の意見だけをコメントしてもいい気がする。

でも、全否定されたら相手も悲しくなるはず。

相手の意見を肯定しつつ、少し自分の意見を足すぐらいで丁度良い。

 

⑤手抜きはNG

相手と自分の時間を使って繰り広げられる相談。

てきとーな対応をすると、相手は満足することはないし、それを見て自分も不満になるだろう。

どうせ時間を奪われるなら、お互いハッピーになる為に、少しでも真剣に向き合った方が良い。

 

相談する人はきっと何かに困ってる人、

相談される人はきっと相手にとって頼れる人、

話終わった時にお互いがハッピーでいられるために、5つのことを試してみて欲しい。