社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

「観察する」事から始める「聞き上手」への第一歩

「聞き上手」になるための、第一歩。

職場や学校、話が盛り上がっている人達はどこにでもいる。

まずはそんな人達の話に聞き耳を立てて、

ついでに、話している人達の表情まで観察してみる。

 

なぜ聞き耳を立てるだけではダメなのか。

理由は簡単で、聞き耳を立てていただけでは話し相手の表情や仕草が分からないからだ。

 


声のトーンは楽しそうにしていても、見るからにめんどくさそうな表情をしている人。

早く話を切り上げたいのか、相づちが雑になっている人。

自分の話を早くしたいのか、相手の話を聞いている時は無表情なのに、自分の話になるとイキイキした表情になる人。

 

一見盛り上がっているように見える空間でも、実はそんなことないという事が、

改めて観察してみるとよく分かる。

 

しかし、気分よく話している人は、話を聞いてる人の様子に気づかず、自分のペースで一方的に話し続けている。

せっかく話しをするなら、話す側と聞く側、お互いが楽しめる会話を目指すことが大切なのは言うまでもない。

 

会話という共同作業を楽しく行うには、

話の内容や話題性以外にも、会話をしている最中の相手の表情や仕草から様々なことを読み取る事が必要不可欠である。


その為には相手を観察することから始めればいい。

 

観察することは話すことが得意でなくても始められる。

何気ない相づちでも、相手の反応をしっかり観察してからする事を忘れてはいけない。

自分の話をしっかり聞いてくれた上で相づちをしてくれていると相手に感じさせられれば、相手は喜んで色々な話をしてくれるようになる。

 

もちろん相手に気分良く話してもらうのが目的ではない。

相手の話を引き出し、さらには相手の良さを引き出すきっかけに繋げることが目的だ。

相手の反応から様々なことを推測して、相手に配慮した会話を展開する、聞く側にとってだけでなく話す側にとっても非常に大切な技術の一つである。

 

「観察する」ことを突破口に、人との会話を1つ上のステージに進めてみてはどうだろうか。