社畜ブログ

人間関係の悩みに対して使えそうな事。資産形成に関わる事。婚活に活用出来そうな事。その他、気になった事について書いていきます。

「観察する」事から始める「聞き上手」への第一歩

「聞き上手」になるための、第一歩。

職場や学校、話が盛り上がっている人達はどこにでもいる。

まずはそんな人達の話に聞き耳を立てて、

ついでに、話している人達の表情まで観察してみる。

 

なぜ聞き耳を立てるだけではダメなのか。

理由は簡単で、聞き耳を立てていただけでは話し相手の表情や仕草が分からないからだ。

 


声のトーンは楽しそうにしていても、見るからにめんどくさそうな表情をしている人。

早く話を切り上げたいのか、相づちが雑になっている人。

自分の話を早くしたいのか、相手の話を聞いている時は無表情なのに、自分の話になるとイキイキした表情になる人。

 

一見盛り上がっているように見える空間でも、実はそんなことないという事が、

改めて観察してみるとよく分かる。

 

しかし、気分よく話している人は、話を聞いてる人の様子に気づかず、自分のペースで一方的に話し続けている。

せっかく話しをするなら、話す側と聞く側、お互いが楽しめる会話を目指すことが大切なのは言うまでもない。

 

会話という共同作業を楽しく行うには、

話の内容や話題性以外にも、会話をしている最中の相手の表情や仕草から様々なことを読み取る事が必要不可欠である。


その為には相手を観察することから始めればいい。

 

観察することは話すことが得意でなくても始められる。

何気ない相づちでも、相手の反応をしっかり観察してからする事を忘れてはいけない。

自分の話をしっかり聞いてくれた上で相づちをしてくれていると相手に感じさせられれば、相手は喜んで色々な話をしてくれるようになる。

 

もちろん相手に気分良く話してもらうのが目的ではない。

相手の話を引き出し、さらには相手の良さを引き出すきっかけに繋げることが目的だ。

相手の反応から様々なことを推測して、相手に配慮した会話を展開する、聞く側にとってだけでなく話す側にとっても非常に大切な技術の一つである。

 

「観察する」ことを突破口に、人との会話を1つ上のステージに進めてみてはどうだろうか。

話し上手は聞き上手。話す側と聞く側という視点にとらわれないために。

話し上手は聞き上手とは耳にするが、結局そいつの正体は何者なんだと悶々とするもので。


 

自分から面白い話を展開できる人ならば、抽象的な概念であろう「聞き上手」さんの事を考える必要もないのかもしれたい。

 

しかし、口下手な自分にとって、「聞き上手」というものは無限の可能性を秘めている。

 

だが、いくら考えた所で答えは出そうにない。

やはりある意味才能的なものなのだろうかと、心が折れそうになる。

 

もしかすると「相手の話を聞き出す」というより、どうやって「引き出す」かという視点で考えてみるのが良いのかもしれない。

相手の話を引き出す事に注目してみても、次はどうやって相手の話を引き出せば良いのかという疑問にぶつかる。

 

相づちに磨きをかける事が、相手の話を引き出す事に繋がるのか。

しかし、ただ相手のペースに話を合わせているだけでは、常に会話の中で後手に回り続けて会話はすぐに終わってしまう。

  

会話を、話す側と、聞く側に分かれる、という視点で捉えず、

会話は『共同作業』であるという視点を持つことがまずは、必要である。 

人間関係が息苦しい。会話が上手く出来ない時のために。

休みもあっという間に過ぎ去り、休みが終われば憂鬱な日常に逆戻り。いつもと同じホームで電車を待ち、満員電車に押し込められながら目的地、いや、職場へと向かう。

 

次の休みはいつやって来るのだろうか。

次の三連休はいつやって来るのか。

とにかく1週間後の休みが遠い。

1日が始まる前から既に休みの事ばかり考えるのは社会人失格なのか、そうではないと信じたい。

 

電車の広告に目を向ければ、

「人間関係につまづくあなたに」というような今時珍しくもないキャッチフレーズを掲げる自己啓発本の宣伝に、なぜか目が留まる。

 

人間関係に悩みを抱えているのだろうか。

それほどまでに日常に戻りたくないのかと自分に問いかけたくなる。

 

そんなことを考えているうちに電車の扉が開く。雪崩のように電車の中から人が溢れていく。その流れに身を任せ電車を降りる。

 

駅の改札から出て目的地へと向かう間も、なぜか「人間関係」というキーワードが頭の中をグルグル駆け回っている。

 

ようやく自分の席に辿り着き、今日の準備を始める。すると周りが騒がしい事に気がつく。なるほど、どうやら各々が新年の挨拶回りをしているらしい。この流れに自分も便乗し、挨拶回りを早々に終わらせ席に戻る。

 

周りの様子を観察してみると、話が盛り上がっている人たちもいれば、明らかに社交辞令の人達もいる。

 

話が盛り上がっている人たちに聞き耳を立てていると、気づいたことがある。

特に話が上手い訳ではないのに、なぜか盛り上がっている。これが「聞き上手」というやつなのかとツッコミを入れながらも、羨ましいと感じるのも事実である。

 

電車の広告で目にするのは、「人間関係をより良くするために」だとか、「話上手は聞き上手」だとか、今じゃありふれたキャッチフレーズ。

しかし、それだけ沢山の人が悩んでるということなのだろう。

もちろん自分も悩んでいる...

 

 自分には話のネタがなくて、なかなか面白い話しが出来ない。

自分のようにそんな風に考えている人は、逆にこう考えてみて欲しい。

「話のネタは相手が持っていたらそれでいい。どのようにして相手からそのネタをスムーズに聞き出せるか。」これが一番大切であり、会話の基本ではないかと考える。

 

質問の仕方はシンプルなものでいい。

「最近何かハマってる事とかありますか?」

「どこで出来るんですか?」

「誰とやってきたんですか?家族や友人の方とですか?」

「いつからやってるんですか?」

「なにか始めるきっかけとかあったんですか?」

「どうやってやるんですか?」

このようにして、中学英語で習った5W1Hを日本語にして使えば良いだけ。

 

相づちに使う「さしすせそ」は、

「さすがですね!」

「知らなかったです!」

「すごいですね!」

「センスいいですね!」

「そうなんですね!」

これを声の大きさや表情を変えて使っとけばなんとかなる。

 

 

会話のネタがない、人と話すのは苦手だけど何か話さないと場の空気が重たすぎる。

そんな時には、とりあえず試してみて欲しい。

意外に会話が弾んで楽しい時間を過ごせるかもしれない。

 

 

上司のハートをがっちり掴み、平和な生活を手にいれるために!【第1弾】

社会人になり、組織に属して働く事になると、

必ず「上司」という存在が現れる。

 

世の中には素晴らしい上司!、尊敬出来る上司!

という方々が存在しているのは言うまでも無い。

 

そのような方々に運良く巡り会えて、

充実感を抱き、日々の仕事に向き合い、奮闘出来ているのであれば、

明日からもその調子で頑張れば良いと思う。

つまり、ここから先の文章は読む必要など一切無い。

 

 

しかし!

運悪く馬が合わない上司、嫌な上司に巡り合ってしまった人は、

一度読んでみて欲しいと思う。

 

この内容の記事にアクセスしてくれて、ここまで読んでくれているということは、

アンラッキーな出会いをしてしまい、なんとか打開策を探している。

そんな人が多いのではないだろうか。

 

 

今回紹介したいのは「マズローの欲求5段階説」!

ほとんどの人が当たり前に知っている事かもしれないが、

どんな人にでも備わっている欲求を改めて再確認する事で、

新しい気づきに繋げていこうというのが、今回の作戦である。

 

 

毎日怒鳴りつけてくる上司、こちらが何を言っても全く反応してくれない上司、

そもそも相手にすらしてくれない上司、などなど。

今の自分ではどう立ち回ってみても太刀打ちできない!

そんな風に感じている上司にも、この「マズローの欲求5段階説」が通用する。

 

 

マズローの欲求5段階説」とはなんなのか。

①生理的欲求

②安全欲求

③親和欲求

④自尊欲求

自己実現欲求

人間にはこれらの5つの欲求があると定義したものです。

 

 

今回上司のハートをがっちり掴むために活用したいのは、

③親和欲求

④自尊欲求

自己実現欲求

この3つの欲求!

 

 

今回覚えておいてもらいたいのは、

どんなに嫌な上司であっても、どんな人でも持っている欲求を活用すれば、

状況を変えられる可能性があるということ。

 

 

そして、活用していく欲求の名前は、

③親和欲求

④自尊欲求

自己実現欲求

ということ。

 

 

次回は、これら3つの欲求をどのように活用すれば、

上司のハートくすぐり、がっちり掴めるのかについて、

1つ1つ見ていこうと思う。

 

今日はこの辺で!

 

 

 

心療内科にかかるまで。(第4日目)

働いている人ならば、皆一度は感じることがあるはずのこんな気持ち。

「この仕事を続けていていいのだろうか?」

「他にもっと自分に仕事があるのでは?」

「そもそも、何で働いているのだろう?」

 

こんな悩みは就職活動の時に、悩みに悩んで納得して決めた会社なら、なかなかわいて来ないのかもしれない。

 

でも、悩みに悩んで納得して入社した会社でも、なんとなく入社した会社でも、

結局はこんな気持ちがわいてくる人が多いように感じる。

 

 

就職活動の時にいくら悩んでも、それは学生の目線で考えて悩んで下した結論であって、

働いてみないと分からない事だって沢山あるし、学生の時とは心境や状況が変わってしまう事だってあるだろう。

 

自分だってそうだ。

学生の頃には、色々と悩んだ。

周りに言わせれば、半端に悩んだだけなのかもしれないが、その時は最善だと思った場所で働いている。

 

しかし、働き始めて、もう一度抱いてしまった疑問。

「本当に今のままでいいの?」

 

この疑問を一度抱いてしまうと厄介で、日に日に疑問は大きくなる。

 

なんとか自分に言い聞かせ、今日も職場に向かうが、足取りは重い。

 

それでも、時間と労働を対価に賃金を得ているのは間違いない。

苦しくても、今日この瞬間を乗りきらなければならない。

 

1日が異様に長く感じるが、時間は足りない。

そんな疑問を抱きながらも今日は終わっていく。

隣に座った人の足の動きを観察していてわかった事。

何もする事が無い休日に一人で喫茶店に入っても、なかなか暇を潰す事も難しい。

そうなってくると、とりあえず自分の座席の近くに面白い人はいないものか?

そんな風にあたりを見回してみる。

 

 

そうすると、男女の二人組が向かい合って座っているという構図が多い。

もちろん座席の距離は離れているので、会話の細部が聞こえてくる事は無い。

 

 

しかし、観察しているうちにいくつか分かってきた事があった。

今日はその事について記していきたい。

 

 

Aさん(男性)は相手の女性に好意を示しているのだろうか。

なんだかとても楽しそうに身を乗り出して、話をしている。

さらに、足を広げているではないか。

 

 

たまたま足を広げるのが好きな男性なのかな?と思っていたが、

Bさん(男性)もCさん(男性)も、相手の女性に好意を示していそうに見える時は、

決まって足を広げているではないか。

 

 

必ずとまではいかなくても、相手に好意を示している場合は、

相手を受け入れるという意思の表れから、自分の足を広げているのではないだろうか。

という仮説が立てられる。

 

 

逆に相手の女性からアプローチされているように見受けられるDさん(男性)、

見るからに相手の好意や誘いに対して乗りきではなさそうだ。

そんなDさん(男性)の足の状態はどうかというと、

やはり足を閉じた状態であった。

 

 

これはおそらく相手の好意に応えるつもりはないという意思表示と、

自分の情報も必要最低限しか開示するつもりはないという事だと感じた。

 

 

女性のEさんは相手の男性からの会話を早く切り上げて今すぐにでも帰りたい様子。

しかし、相手の男性は食い気味にEさん(女性)を次のデートに誘おうとしている。

この時Eさん(女性)の足の状態は、

脚を仕切りに組み替えて、つま先の向きは扉の方を向いている。

 

 

その時の女性の表情は足元の動きとは裏腹に、ニコニコと楽しそうに取り繕っていた。

つくづく女性は恐ろしいものだなと感じた瞬間である。

 

 

【まとめ】

普段相手と話す時は、どうしても上半身にばかり目がいきがちになってしまう。

しかし、目に見えない場所であるからこそ、相手の注意も疎かになり本音を漏らしているということもある。

 

話している相手の足元に意識を集中するのは非常に難しい。

しかし、普通に話して余裕が生まれてきたら少し物の見方に変化を与えてみたいものである。

 

相手の考えている事が分かれば、もっと人と気楽に話せるのに。

あなたの視線はどのタイプ?

 

人と話す時、相手の目を見て話し続けるのは難しい。

実際自分も人と話している時に、気づけば目線をそらしてしまっている事に気づく。

 

 

考え事をしたり、答えづらい事を聞かれると、視線が上を向いたり下を向いたりしてしまう。

逆に言えば視線のそらし方から、今この瞬間に考えている事が推測できるのでは?という事に気づく。

 

 

確かに、目線から相手の考えている事が分かるという怪しい話を聞いた事がある。

予備知識程度に知っておくだけでも、もっと気楽に人と話す事が出来るかもしれない。

 

 

自分から見て、相手の視線が右上を向いている時

→過去の事を思い出している

 

つまり、自分が気になる質問をした時に、相手の視線が右上を向いていたら、嘘をつかずに過去の経験を思い出しているという事かもしれない。

 

 

自分から見て、相手の視線が左上を向いている時

→今までに見た事のない未来の事を想像している

 

つまり、自分が気になる質問をした時に、相手の視線が左上を向いていたら、経験した事のない空想の出来事を想像し、嘘をついているという事かもしれない。

 

 

自分から見て、相手の視線が左下を向いている時

→今までに経験した怪我や痛みなど、身体的な経験を思い出している

 

つまり、休みの日に何をしていたかを聞いた時に、左下を向きながら話してくれたら、自分の経験から色々と話してくれている可能性が高い。

 

 

自分から見て、相手の視線が右下を向いている時

→音楽や声など聞いた内容に関して話してくれている

 

つまり、相手が自分の事らしく話している事でも、視線が右下を向いていれば、誰かから聞いた話である可能性が高い。

 

 

 

ここまでは、相手が自分と会話をする際に視線がどちらを向いているかによって、

どのような事が想定出来るかについて考察してきた。

 

しかし、いつでも相手の視線から情報を読み取れるとは限らない。

・視線を合わせようとしてくれなかったら?

・わざとらしく視線をそらされていたら?

 

 

例えば、、、

 

視線を合わせてくれようとしない時

→もしかすると、あなたは相手から嫌われているかもしれません。

 無理にその人との関係を築こうとすると、負担になるのでお勧めしません。

 

 しかし、その人が誰と話す時も視線を合わせようとしていない場合は、

 他人からの批判に敏感になっているだけの可能性もあります。

 この場合は、相手の良き理解者になれれば、一気に相手との距離が縮まります。

 

 

 

わざとらしく視線をそらされている時

→あなたとの会話が退屈なのかもしれません。

 自分から会話を切るのは勇気がいる事ですが、今後の関係性の構築のためにも、

 自分から会話を切る勇気を持つ事が大切です。

 

 

 

【まとめ】

誰かと会話する時に、受け取るべき情報は口から発せられる情報だけではない。

口からでまかせなんていくらでも言えるが、

何気無い動作にこそ、相手の本音が見え隠れしているもの。

 

 

この記事から、もう少し視野を広げる事の大切さと、

もっと気楽に人と話すきっかけになる事を切に願っている。